飲食店の事業承継【事例から読み解くポイント】

「飲食店を経営しているけれど、そろそろ後継者に事業を引き継いでもらいたい」と、お考えではないでしょうか?

飲食店の事業承継は、珍しいことではありません。

しかし、引き継ぎ方法や後継者選びを失敗すると、事業自体が傾いてしまう可能性も高いです。

したがって、飲食店を事業承継する際には、適切な方法で行わなければなりません。

 

そこで今回は、飲食店の事業承継のポイントを事例から読み解いていきます

飲食店の事業承継のポイントを知って、あなたのお店の引き継ぎを成功させましょう。

 

飲食店が事業承継を行う背景

まずは、飲食店オーナーが事業承継を行う背景から確認していきましょう。

飲食店が事業承継を行うのは、以下のような場合です。

 

  • オーナーがリタイアしたいとき
  • 後継者によるアイデアでお店を大きくしたいとき
  • オーナーが別の事業に注力したいとき

 

もしもこのような状況にあるのであれば、事業承継を行ったほうが良いでしょう。

 

たとえば、オーナーがリタイアしたいときに事業を誰かに引き継がなければ、お店はなくなってしまいます。

お店がなくなるということは、事業だけではなく、そこで提供していた食べ物の味もなくなってしまうということです。

今までせっかくお店を続けてきたのに、リタイアとともにお店や商品自体もなくなってしまうことを悲しく思うオーナーは少なくありません。

また、そのお店が好きだったファンにとっても悲しいことですし、従業員は働く場所を失います。

しかし飲食店を事業承継さえすれば、自分が経営から離れてもお店は存続します。

したがって、お店が存在し続けて欲しいという背景で事業承継を行うオーナーが多いです。

 

以上が、飲食店の事業承継の背景でした。

それでは、ここで具体的な飲食店の事業承継の事例を見ておきましょう。

 

飲食店の事業承継の事例

ここからは、飲食店の事業承継の事例を見ていきます。

今回ご紹介するのは、ラーメン屋です。

飲食業界では、『つけめん TETSU』の創業者である小宮一誓氏が敏腕経営者として有名です。

小宮氏は、一部上場企業との資本業務提携で事業をさらにスケールアップすることに成功しました。

小宮氏は、会計事務所に相談しながら、希望通りの条件で一部上場企業との資本業務提携を手に入れました。

資本業務提携を結べば、パートナー企業による経営支援や金銭面でのサポートが受けられるため、今後の事業拡大に大いに役立ちます。

こうして事業を引き継いでもらえたうえに、さらなる事業のスケールアップも望めるようになったのです。

 

以上が、飲食店の事業承継の事例でした。

実は、事業承継と言っても第三者に事業を引き継いでもらうこともよくあります

後継者が身近にいないからと言って、事業承継を諦めなくても良いのです。

飲食店の経営をしたいと思っている人は多いので、探せば後継者が見つかることは少なくありません。

 

飲食店の事業承継のポイントとは

飲食店の事業承継を行う際に気をつけておくべきポイントとは、以下の4つです。

 

  • ビジネスモデルや強みを整理する
  • M&Aにおいて譲れない条件をはっきりさせる
  • 売却先候補に事業の強みや価値が伝わる説明を
  • M&Aの専門家に頼るのもアリ

 

これらのポイントをおさえておけば、飲食店の事業承継は成功しやすくなります。

一朝一夕に事業承継を成功させることはできないので、しっかりと準備をしなければなりません。

それぞれのポイントについて、順番に確認していきましょう。

 

ビジネスモデルや強みを整理する

飲食店の事業承継をするなら、ビジネスモデルや強みをしっかり整理することが大切になります。

今回の事例でも、第三者に事業を引き継いでもらうために、ビジネスモデルや事業の強みを相手に説明しているはずです。

飲食店のスケールアップを望むなら特に、引き継いでくれる人にもビジネスモデルや強みを理解したうえで、それを活用した飲食店経営をしてもらわなければなりません

そうしなければ、せっかく今まで築き上げてきたあなたの飲食店独自の良さが失われてしまう可能性が高いです。

 

また、ビジネスモデルや強みを整理するだけではなく、それを後継者に伝えられるように説明も丁寧に行う必要があります。

今までずっと経営してきたオーナーである自分自身にとっては思い入れのある事業でも、まだ引き継いでいない後継者候補にとってはそこまで思い入れや情熱が足りていないこともあるのです。

そのような状況で熱意だけをアピールしても、相手には響きません。

したがって、ビジネスモデルや事業の強みは、具体的な数字や表を交えながら説明すると相手にわかってもらいやすいです。

 

「どこから手を付けてよいのかわからない」というときは、事業承継を行う予定の飲食店がどこで何をどのように売っているのか、他店に比べてどのような強みがあるのかを、思いつくだけリストアップしていきましょう。

リストアップが一通り終わったら、冷静に内容を分析してまとめていきます。

自分だけではビジネスモデルや事業の強みを考えきれないというときは、従業員やM&Aアドバイザーに聞いてみると客観的な意見がもらえる可能性が高いです。

他にも、身近なライバル店と自分のお店を比べてみることでもビジネスモデルや事業の強みが考えやすくなります。

 

M&Aにおいて譲れない条件をはっきりさせる

飲食店の事業承継をする際に、「これだけは絶対に譲ることのできない条件がある」というのなら明確にしておくべきです。

後継者候補が見つかったら、どのような条件で事業を引き継いでいってもらうのかを話し合う必要があります。

そうしなければ、お互いの希望する条件が噛み合わないためです。

そこで、あなたは飲食店を引き継いでもらうにあたって、どの条件は譲れないのかということを具体的にしておかなければなりません。

相手の希望する条件は聞いても自分の希望する条件が言えないとなると、話し合いが円滑に進まなくなってしまうのです。

また、あとから妥協した条件での事業承継にしてしまったことを悔やんでしまうということも考えられます。

今まで経営してきたお店を引き継いでもらうからには、妥協したくないところは見極めるべきです。

 

事前に時間をかけて、どの条件は絶対に譲れず、どの条件は妥協できるのかを決めておきましょう。

単に自分の利益だけではなく、後継者や従業員、お客さんのことまでを意識したうえで条件を考えると具体的に考えやすいです。

たとえば、今後も残して欲しいメニューがある場合や、従業員の雇用を守りたい場合は条件として提示してください

あなたの飲食店を守ることができるのは、あなたしかいないのです。

 

売却先候補に事業の強みや価値が伝わる説明を

飲食店を事業承継するなら、売却先候補に事業の強みや価値が伝わる説明をしなければなりません。

うまく説明ができなければ、事業の強みや価値がないも同然に扱われてしまいます。

今まで経営してきた情熱や思い出を語るだけではなく、客観的なデータも相手に見せることが重要です。

事業の強みや価値は、日頃の売上にも出ていると考えられます。

どのような説明をすれば良いのかわからないなら、まずは毎日どのようなものをどれくらい売っているのかを明確にしましょう。

グラフなどを作れば、自分の頭の中でも理解が進みやすくなります。

客観的なデータを積み重ねることによって、事業を引き継いでくれる人に事業の良さをわかってもらいやすいです。

 

もちろん、あなたの情熱を引き継いでもらうことも欠かせません。

しかし、まずは外部からもわかりやすい情報を説明したうえで、あなたの気持ちも後継者に伝えていきましょう。

順番が逆になってしまうと、なかなか相手に本当の事業の強みや価値までは理解してもらいにくくなります。

説明するための資料作りや練習は入念に行ってください。

 

M&Aの専門家に頼るのもアリ

飲食店の事業承継を行うなら、M&Aの専門家に頼るのも良いです。

飲食店の事業承継をあなたの希望通りに成功させようと思ったなら、さまざまな知識が必要となります。

たとえば、会計や経営、法律などの深い専門的知識も重要です。

飲食店のオーナーがそれらすべての知識を持っていることは少なく、自分だけで手続きを完ぺきにすることは難しいと考えられています。

手続きがうまくできていないまま無理やり事業承継を進めても、あとから後継者と揉めることにもなりかねません。

そうなると、事業承継を成功させるのは難しくなってしまいます。

 

飲食店の事業承継が失敗する可能性を下げるためには、M&Aアドバイザーや事業承継アドバイザーなどの専門家の力を借りることが非常に有効です。

そういったプロフェッショナルに相談すれば、あなた一人だけでは思いつかなかった飲食店の事業承継の方法についてもアドバイスをもらえるかもしれません。

たとえば、後継者探しや後継者育成の方法、事業の拡大方法も提案してもらえることがあるのです。

事業承継は人生で何度も行うようなことではないので、せっかくならプロの力を頼って成功させたほうが後悔しにくいと言えます。

自分だけでは飲食店の事業承継を行うのは難しいと少しでも感じたら、専門家に相談に行ってみましょう。

 

以上が、飲食店の事業承継を成功させるポイントでした。

飲食店の事業承継は、必ずしも成功するとは限りません。

しかし、ポイントをおさえておくことによって、成功する確率を大幅に高めることができます。

ポイントがおさえきれていなければ、せっかくの事業承継も失敗に終わるかもしれないので気をつけてください。

飲食店の事業承継を行うなら、すべてのポイントをおさえるためにも早めの準備が大切です。

 

飲食店の事業承継を行うなら

飲食店の事業承継を行うなら、早めに準備を始めたほうが成功しやすいです。

実は、飲食店の事業承継は単に後継者に経営権を渡して終わりという簡単なものではありません

あなたのお店独自の味や、従業員の接客、経営理念など、さまざまなことを後継者に引き継いでもらう必要があるのです。

そのためには、長い時間があったほうが良いでしょう。

事業承継は、早い段階で動き始めれば始めるほど、成功する可能性が高まります。

後継者候補はいるからすぐに事業を引き継げるだろうと考えている人は、少し考えを改めておくべきです。

後継者候補といっても、あなたと同じレベルの経営能力が備わっているとは限りません。

後継者を見つけて安心して飲食店の経営を任せられるまでに教育するのは、あなたが思っているよりも時間がかかるケースが多いです。

教育を始めると、教えても教えても教えたりないなんていう気持ちになるオーナーもたくさんいます。

 

しかし、早く事業承継の準備に取りかかったほうが良いのはわかったけれど、どこから手を付けて良いのかもよくわからないという飲食店のオーナーは多いはずです。

飲食店の事業承継をすることが初めてなら、何もわからなくても当たり前だと言えます。

そのようなときは、あなただけでどうにかしようと思わなくても大丈夫です。

まずは事業承継の専門家である事業承継アドバイザーやM&Aアドバイザーのところに相談に行ってみてください。

専門家とあまり関わったことがない飲食店も多いと思います。

何もわからない状態で専門家に相談に行くのは不安に感じるかもしれません。

しかし、飲食店の事業承継を何度も経験してきているプロに相談することで後継者への事業の引き継ぎが成功する可能性は高まります

専門家と言っても、気さくな雰囲気で話を聞いてくれる人も少なくありません。

身構えすぎずにアドバイスをもらいにいけば、きっと良い方向に事業承継が進んでいきます。

実際に話してみて今後も安心して任せられそうだと思ったら、そのまま相談を続けるのが良いでしょう。

 

ちなみに、飲食店を事業承継するにあたって専門家のところに相談に行くなら、飲食店の経営状況や基本的な情報をできる範囲でリストアップしていったり、事業承継にあたっての希望する条件を考えていったりするのが良いです。

たとえば、あなたの飲食店の立地や客層、回転率、利益率、仕入先などさまざまな情報が考えられます。

少しでも伝えられる情報が多いほうが、専門家も適切なアドバイスをしやすくなるのです。

安心して相談できる専門家を見つけることが、あなたの飲食店の事業承継を成功させるための第一歩となります。

早めに専門家探しや資料の準備に取りかかり、飲食店の事業承継を成功させましょう。

 

相談先の例として、今回ご紹介した事例で小宮氏が相談した会計事務所を最後にご紹介します。

 

スパイラルコンサルティング社

スパイラルコンサルティング社は、事業価値を最大化させてからM&Aを実施する「スケールM&A」が特徴です。

そのため、「今すぐに事業承継したい」というケースだけでなく、「いつか自分がリタイアするときになったら」と将来的に事業承継を考えているケースでも相談が可能です。

飲食店の事業承継やM&Aに関する相談を匿名で受け付けているので、気軽に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

 

>>成果報酬型・スケールM&Aなら『スパイラルコンサルティング社』<<