ラーメン屋のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

ラーメン屋を経営しているが、突然経営を辞めたくなったという方は多いのではないでしょうか。

ラーメンが好きでラーメン屋を開いたものの、思うように売上が伸びず、経営のプレッシャーに押しつぶされそうな方や年齢的に切り盛りが難しくなった方もいるでしょう。

そのような場合は、M&Aを検討することをおすすめします。

ここでは、ラーメン屋のM&Aとはどのようなものを指すのか、メリットや注意点などについて詳しくご紹介します。

 

ラーメン屋のM&A

ラーメン屋のM&Aは、 どのようなものを指すのか具体的にご紹介します。

 

M&Aとは

M&Aとは、企業の合併・買収などの総称です。

株式譲渡や株式引渡、合併、株式交換、株式移転、事業譲渡、会社分割などがあります。

最も多く行われているのが株式譲渡です。

株式を譲渡することで経営権を買い手に移行します。

難しい手続きが不要なため、手軽に行えます。

 

事業譲渡は、複数の事業を抱える法人が、一部の事業だけを売却する際に用いられる手法です。

株式譲渡の次に行われているとされており、株式譲渡と同じく比較的手軽に行えます。

 

事業譲渡や株式譲渡を行うメリット

事業譲渡や株式譲渡を行う経営者は少なくありません。

これは、それだけM&Aにメリットがあるためと考えられます。

M&Aで事業や株式を譲渡すれば、自分は経営者の立場から退くことになります。

その対価として、売却による資金を得られるのです。

 

廃業する場合と比べて、より多くの資金を手元に残すことができます。

廃業は、手元に残る資金が少ないため、新たな事業を始めたり、悠々自適の隠居生活に入ったりすることが難しくなります。

このメリットを活かし、多くのラーメン屋がM&Aを実行しています。

 

ラーメン屋がM&Aを行うケース

どのような場合にM&Aを行うのか、詳しくご紹介します。

 

後継者が見つからない

経営者は、いつか後継者に事業を引き継ぐことになります。

しかし、後継者が見つからないために、仕方なく廃業するラーメン屋は少なくありません。

M&Aによって、ラーメン屋の経営ノウハウを持つ個人・法人に引き継ぐことができれば、これまで育ててきたラーメン屋を残すことができるのです。

 

早期リタイアしたい

ラーメン屋を始めて成功したものの、経営に向いていないと感じることもあるでしょう。

また、経営のプレッシャーから解放されたいために、早期リタイアを望む方もいます。

低いモチベーションで無理にラーメン屋を続けてしまうと、味が落ちるなどして客足が遠のく可能性があるのです。

 

また、独自性を重視しているラーメン屋の場合は、客の「飽き」によって売上が減少することもあるため、常に先の未来を見据えてメニューを改良していく必要があります。

モチベーションが低ければ、良いアイデアが思い浮かばず、客足が遠のく可能性が高まるでしょう。

 

ラーメン屋の売却によって得た資金は、リタイア後の生活に使うことができます。

早期リタイアして悠々自適の隠居生活に入りたい場合には、ラーメン屋のM&Aを検討しましょう。

 

オーナーの健康問題

オーナーの健康状態が悪くなったために、ラーメン屋を続けたくても続けられなくなるケースがあります。

このような場合にも、M&Aが役立ちます。

急な健康悪化の場合は、後継者の目星もつけておらず、引き継げる人物がいないケースが多くみられます。

もし健康問題が発覚したタイミングで後継者を見つけることができても、継ぐために自分のもとで何年か修行をさせたいと思う方も多いのではないでしょうか?

そのような猶予がなかったとしたら、後継者を見つけられたとしても実際に引き継いでもらうのは非現実的です。

 

M&Aであれば、今後ラーメン屋をさらに成長させてくれる買い手を法人・個人問わず中から選び、引き継ぐことができるのです。

健康悪化によって不本意な結果とならないように、M&Aを前向きに検討しましょう。

また、M&Aによって得た利益は、治療費などにも充てられます。

 

今後の経営に不安

気持ちとしては経営を続けたいが、経営悪化によって廃業に追い込まれないか不安に感じる日々をおくっている方は多いようです。

経営のプレッシャーに耐えられなくなり、店をたたむことを考える方もいます。

 

このような場合にも、M&Aが役立つでしょう。

経営のプレッシャーから解放されて、また落ち着いた頃に別の事業を立ち上げることも可能です。

 

店舗拡大で資金力やマネジメントに限界が見えてきた

店舗拡大を目指しているものの、資金力に不安が残り、マネジメントに限界が見えてきたケースでもM&Aが役立ちます。

事業譲渡でラーメン屋を資金力とマネジメント力のある企業に売却すれば、オーナーの立場からは退くものの、共同経営という形をとることができます。

 

資金力とマネジメント力のある企業に事業譲渡できれば、一気に大量に店舗を増やすことも難しくありません

 

ラーメン屋のM&Aでオーナーが得られるメリットとは?

ラーメン屋のオーナーがM&Aによって、どのようなメリットを得られるのか詳しくご紹介します。

 

心理的負担の軽減

M&Aで個人・法人にラーメン屋を売却すれば、経営のプレッシャーから解放されます。オーナーは、ラーメンを作るだけではなく、客数を増やすための施策を考えたり、従業員を雇ったりしなければなりません。

 

ラーメン屋は非常に多く、競争率が高くなってきています。

それだけ早い段階で廃業せざるを得なくなるラーメン屋も多く、日々生き残りをかけてラーメン屋を経営しているのです。

このような心理的負担にさらされ続けることで、次第に経営者の立場から退きたいと思うようになります。

 

また、後継者を育て上げるプレッシャーからも解放されるでしょう。

後継者が見つかったとしても、すぐに経営のノウハウを身につけられるわけではありません。

もし、途中でやっぱり跡継ぎをやめると言い出してしまえば、また後継者を探すところから始まります。

 

また、半ば無理矢理、ラーメン屋の跡継ぎにするような場合では、後継者にも大きな負担がかかるでしょう。

M&Aでラーメン屋の経営を他の個人・法人に任せられるようになれば、現経営者も後継者になるはずであった人物にとってもよい結果となるのです。

 

金銭的メリット

M&Aの最大のメリットは、廃業する場合よりも多くの現金を手元に残せることでしょう。廃業した場合、状況によっては手元にほとんど現金が残りません。

そうなると、新たに就職できなかった場合、生活に苦しくなってしまうことが予想されます。

また、新たな事業を始めるにしても元手がないため、別の業界で復帰することも難しいでしょう。

 

M&Aで、より多くの現金を手元に残せることができれば、様々な人生プランを考えることができます。

 

新事業への挑戦や引退後の生活

M&Aでラーメン屋を売却すれば、時間に余裕ができます。

そのまま悠々自適の隠居生活に入るのも良し、新事業に挑戦するのも良し、時間の使い方は自由です。

いずれにしても、残りの人生を楽しむことができるでしょう。

 

ラーメン屋の経営ノウハウを持っていれば、飲食業界の異なる分野にも挑戦できます。

ラーメン屋よりも大きな収益を挙げられる可能性もあります。

また、ラーメン屋の他に複数の事業を行っている場合、ラーメン屋事業を売却することで資金に余裕が出て、他の事業に集中できるようにもなります。

 

リスクヘッジのために複数の事業を行い、収益性が高い事業を残すというプランを繰り返せば、資本が厚くなります。

それから株式譲渡でハッピーリタイアをするのもよいでしょう。

M&Aを検討する代表的な理由の1つです。

 

売却した事業の拡大・発展が見られる

M&Aでラーメン屋の事業を売却する場合、経営に携わり続けられる方法を選んでもよいでしょう。

そうすれば、事業を売却した後もラーメン屋の事業拡大と発展を見届けることができます

店舗を増やしたいために、資本とマネジメント力の両方が揃った法人に売却し、その後も経営に携わる方式を選ぶ方はたくさんいます。

 

経営に携わり続けることができれば、事業売却後にラーメンの味が変わり、客足が遠のくといった事態も防げるでしょう。

全権限を残せるわけではありませんが、方針変更によって従業員のモチベーションを下げる心配もないため、リスクの低い方法と言えます。

 

ラーメン屋のM&Aを実施する際に気をつけるべきポイント3つ

ラーメン屋のM&Aを実行するのであれば、失敗しないために3つのポイントを押さえておきましょう。

 

準備は早めに

M&Aは、とても時間がかかる手法です。

M&Aを実行すると決めてから買い手を探し、必要に応じて交渉して契約が成立するまでには、最低でも6ヶ月はかかります。

6ヶ月もあれば、その間に近くに競合店が続々と立ち並び、経営が悪化することもあり得るのです。

 

そうなれば、希望売却額よりも低い売却額となり、M&Aのメリットを十分に感じられなくなるかもしれません。

M&Aでは、希望売却額の根拠となる資料やデータの提示が必要です。

資料やデータが足りなければ、希望売却額が適正な額とは判断できず、交渉において不利になります。

必要な資料やデータの数は非常に多いため、提示漏れに注意が必要です。

特に、契約に関わる重要書類の提示漏れは、買い手に不信感を与えてしまうため、二重三重にチェックしておきましょう。

きちんと準備ができるように早めに動き出しましょう。

 

売却事業の強みを明確化する

ラーメン屋をより高く売却するために、強みを明確化しましょう。

ラーメン屋は、インパクト勝負な面がありますが、個性的すぎるラーメンは、いずれ飽きられてしまいます。

根強いファンだけで経営できれば良いのですが、根強いファンがたくさん現れるとは限りません。

 

そのため、必要に応じて新メニューを開発したり、趣向を凝らしたメニューを考案したりすることが大切です。

このような施策を続けることで、年間売上を更新し続けることができれば、それは大きな強みと言えるでしょう。

 

経営において重要なのは、一時的なヒットではなく、安定して利益を得続けられることです。

そのため、どれだけブームになったラーメン屋でも、今後収益が落ちることが予想されると、高い売却額はつきません。

 

競合他社にはない強みを示すことで、より高い売却額がつくでしょう。

もちろん、その強みを示すための資料やデータは必要不可欠です。

資料には、顧客のアンケート調査の結果も含めることをおすすめします。

お気に入りメニューや再来店の理由などのアンケートからは、そのラーメン屋の強みが見えてきます。

 

譲れない売却先の条件を明確化する

これまで育ててきたラーメン屋を売却するのであれば、成長させてくれる個人・法人に売却したいと考えるのが自然でしょう。

経営のノウハウを十分に持っておらず、ラーメン屋の経営に失敗してしまうような買い手に売却しないことが大切です。

 

しかし、経営のノウハウを持っているかどうかを知ることは難しいでしょう。

そのため、経営のノウハウを持っていることを裏付ける資料や実績の提示を求める必要があります。

実績や資料を提示できないのであれば、断った方がよいでしょう。

 

また、あらかじめ買い手の絶対条件を明確に決めておくことをおすすめします。

「過去にM&Aで事業を買収した経験があり、30%以上の収益アップを達成している」など、数値で明確化しましょう。

このように、絶対条件を明確化しておくことで、人となりを優先して買い手を選んでしまうことを避けられます。

 

どれだけ人として信頼できる人物や企業であっても、経営のノウハウを持っていなければラーメン屋は廃業することになります。

売り手と買い手は対等な立場なので、妥協せずに買い手を選ぶことが大切です。

 

ラーメン屋のM&Aを相談するなら

ラーメン屋のM&Aをしようにも、わからないことがありすぎて、何から手をつければいいかわからないという方もいるでしょう。

まずは、M&Aの専門家に相談することをおすすめします

M&Aの専門家に相談すれば、M&Aの進め方から必要な資料、交渉のポイントまで様々なアドバイスを受けられます。

 

また、ラーメン屋の査定をしてもらえるため、適正な希望売却額を提示できるようになるでしょう。

希望売却額は、妥当な金額よりも高めに設定することが大切です。

そうすれば、交渉で値が下がっても、妥当な金額で売却できます。

 

インターネット上で簡易査定ができる専門家もおり、まだラーメン屋のM&Aを実行に移すか迷っている段階でも相談がしやすいです。

例えば東京のスパイラルコンサルティング社では匿名での簡易査定が可能です。

最初は「相談がしやすい」とハードルが低く感じられる相談先を見つけて、問い合わせてみましょう。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>成果報酬型・スケールM&Aなら『スパイラルコンサルティング社』<<

 

ハッピーリタイアや新事業への挑戦を目的にしている場合、想定される売却額次第ではM&Aを行わず、経営を続けた方がいいケースがあります。

売上が高く、将来性もある場合、それだけ売却額が高くなります。

最も高く売れるタイミングでM&Aを実行するためにも、専門家のサポートを受けるようにしましょう。