ラーメン屋の売却額はいくら?相場や高く売るための方法は?

ラーメン屋を売却したいと考えているものの、いくらくらいが相場なのかわからないとお悩みではないでしょうか。

売り方や売るタイミングによっては値段がかなり変わってくるので注意しなければなりません。

せっかく自分のラーメン屋を売るからには高く売りたいとお考えなら、高値で売却するコツを知っておくべきです。

 

そこで今回は、ラーメン屋の売却額の相場と、高値で売るためのポイントをご紹介します。

ラーメン屋の売却額の上げ方を知って、納得いく値段でお店を売りましょう。

 

ラーメン屋の売却って可能?

ラーメン屋の売却は、可能です。

むしろ、ラーメン屋の店舗を買いたいという希望者は非常に多く、人気だと言えます。

なぜなら、ラーメン屋になりたいと考えて独立をする買い手希望者や、他の業種でお店を出したい買い手希望者がいるためです。

そして競争の激しいラーメン業界、会社を売りに出したいという人は少なくありません。

したがって、事業売却の中でも、ラーメン屋は特に売れやすいと言われています。

 

また、不動産の家主は、飲食店の中でも業種を制限することが多いです。

それは、においや油など、建物への負担や近隣からの不満があるからだとされています。

しかし、ラーメン屋をすでに運営している会社を手にすることができれば、すでにある店舗をそのまま経営できるからです。

そのような理由もあり、場合によっては予想以上の高額でラーメン屋が売却できることもあります。

 

ラーメン屋の売却が可能なら、ぜひやってみたいという人も多いはずです。

仮に店じまいをするにしても、ラーメン屋を廃業するには建物を入居していた状態に戻す原状回復費用などの撤退コストが必要となります。

また、従業員の雇用も確実になくなってしまうので注意しなければなりません。

したがって、ラーメン屋を手放そうと思っているのなら、できるだけ店舗売却を行うのが良いです。

 

ラーメン屋を売却すれば、条件にもよりますが、撤退コストがかからないだけではなく、売却利益を手に入れることもできます

また、条件によっては、売却先で従業員を雇ってもらうことも不可能ではありません

せっかくそのような機会があるのに、行わないのは損です。

 

しかし、売却額の相場がどれくらいかわからなければ、なかなか売却手続きも進めにくいと思います。

ここで、ラーメン屋を売却する際の価格の相場を確認しておきましょう。

 

ラーメン屋の売却額の相場

ラーメン屋を売却したときの価格の相場は、目安としては100万円〜300万円程度です。

相場に幅があるのは、ラーメン屋の状況によって売却価格が大きく異なってしまうのが理由とされています。

ラーメン屋の売却価格は、立地や人気度、競合の状況などのさまざまな要素で決定されるものです。

たとえば、駅近くでオフィス街にあるラーメン屋で、ビジネスマン向けの店舗運営をしていれば高額にはなりやすいです。

再開発が進み、マンションや住宅街が多い地域では、家族で入りやすいラーメン屋は人気が出やすく、高い金額になるかもしれませんよね。

 

したがって、一概に具体的な相場を決めることはできません。

実際にどれくらいの値段で売却ができるのかどうかは、業者に査定してもらうまではなんとも言えないのです。

 

しかし、高い金額で売却するためには、おさえておくべきポイントがあります。

せっかくラーメン屋を売却するなら、それらのポイントをおさえておかなければもったいないです。

ラーメン屋の売却額を高くする方法を確認していきましょう。

 

ラーメン屋の売却額を高くするには?

ラーメン屋の売却額を高くするには、以下の5つのポイントが重要です。

 

  • 競合との違いをはっきりさせる
  • 数字に基づいて今後の収益性を予測する
  • 資料やデータを用意する
  • 事業売却の専門家に相談する
  • 現実可能なラインは知っておくこと

 

これらのポイントを意識しておけば、ラーメン屋を高額で売却しやすくなります。

それぞれのポイントについて、順番に確認していきましょう。

 

競合との違いをはっきりさせる

ラーメン屋の売却価格を高めるためには、競合する店舗との違いを明確にすることが重要です。

ラーメン屋や他の種類の飲食店など、競合がどこかをまずは考えてみてください。

競合がわかったら、自分のラーメン屋と競合の違いをそれぞれ考えていくことが大切です。

他との違いがはっきりすれば、おのずと買い手にアピールできる強みも見えてきます。

 

買い手にとっては、あなたのラーメン屋さんが他よりもどのようなポイントで優れているのかがわからないはずです。

もしも買い手が優れている点を既に知ってくれているとしても、気づいていないポイントもあるかもしれません。

その状態で価格交渉を行うと、損をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

そうはわかっていても、すぐに競合との違いがわからないという人も多いはずです。

そのようなときは、まずは自分のラーメン屋の強みと弱みをリストアップしていきましょう。

そして、もう書くことがないという状態になったら、次は近隣の飲食店の強みと弱みも同様に書き出していきます。

時間はかかってしまいますが、そうすることによって競合との違いが明確になり、ラーメン屋を高値で売却する際にも役に立ちます。

 

また、他の競合について分析することによって、自分のラーメン屋の今まで気がついていなかった強みや弱みも見つけられるかもしれません。

すぐに修正できるような弱みであれば、なくしてしまってから店舗売却を行えば高値で売りやすいです。

 

数字に基づいて今後の収益性を予測する

ラーメン屋を高値で売却するなら、具体的な数字に基づいた今後の収益性をアピールすることも大切です。

事業売却は、売り手にとってだけではなく、買い手にとってもメリットがなければなりません。

したがって、あなたのラーメン屋を買うことによって、買い手が今後どれくらいの収益を得られそうなのかを伝えるべきです。

それによって、買い手がメリットを感じてくれたら、実際にラーメン屋を購入してもらえます。

そのためには、過去のデータから仕入れ値、回転率などさまざまな数字を出して、資料にまとめていきましょう。

いきなりたくさんの数値を扱うのは大変というときには、まずは日々の利益を考えてみてください。

 

収益性と言っても、今まであまり考えずに経営を続けてきたからあまりわからないという人もいると思います。

そのような場合は、事業売却の専門家に相談してみると良いアドバイスをもらえるはずです。

自分だけでどうにかしようと思わないことも、ラーメン屋を売却する際のコツだと言えます。

 

資料やデータを用意する

ラーメン屋を高く売却するには、資料やデータを用意するべきです。

口頭で説明したほうが熱い想いが伝わるのではないかと考える人も多いと思います。

しかし、高額なお金が動くことなので客観的な資料があったほうが安心する買い手は多いとされています。

 

資料やデータと言っても、複雑なものを作り上げる必要はありません。

買い手に自分のラーメン屋の強みをアピールすることができるなら、それで大丈夫です。

資料やデータがあると、口頭で説明をする際にも納得してもらいやすいと考えられています。

口頭で利益を言われるだけよりも、過去3年間の毎月の利益を資料にまとめておいたほうが、買い手側としてもわかりやすいです。

 

そうは言っても、なかなか資料作りをする時間がないという人も少なくないと考えられます。

そのような場合は、M&Aアドバイザーやコンサルタントに資料作りの代行をお願いするのも1つの方法です。

ラーメン屋を売却するにあたって、価格交渉や条件交渉の際に資料やデータがあるとかなり円滑にいくので、必ず整理しておくようにしてください。

 

事業売却の専門家に相談する

ラーメン屋を高値で売却したいなら、自分だけで取り組むのではなく、事業売却の専門家に相談するのが一番の近道です。

専門家に相談してしまうと、費用がかかってもったいないのではないかと考える人もいると思います。

しかし、専門家に相談したほうが、トータルでは得をすることがほとんどです。

なぜなら、ラーメン屋を売却するにあたっては、経営面や会計面、法律面などのさまざまなことを考える必要があります。

 

ラーメン屋を経営しながら、すべてのことを考えられる人は少ないです。

全部を自分でやろうとするあまり、何か失敗してしまう可能性も考えられます。

そうなると、高値で売るどころの話ではありません。

したがって、少しでも不安があったり、高値で売りたい気持ちがあったりという状況であれば、事業売却の専門家に相談してみてください

 

わざわざ専門家に相談するのは面倒だし気が進まないという人もいるかもしれません。

しかし、ほとんどの専門家は気楽に相談できる雰囲気があるので安心です。

1回目の相談は無料で行っているという専門家も多いので、まずは気楽に無料相談に行ってみるのが良いでしょう。

 

ちなみに、ラーメン屋の事業売却についての相談に行く際には、できる範囲で考えや情報をまとめていったほうがスムーズに相談できます。

たとえば、相談の際に準備しておくべきことは、以下のようなものとなっています。

 

  • 売却したいラーメン屋の基本的な情報(立地や客層、設備など)
  • 事業売却をする目的
  • 事業売却をするにあたって絶対に譲れない条件
  • 事業売却についての疑問や不安なこと

 

これらの内容を中心に、ラーメン屋の情報を整理しておきましょう。

 

無料相談に行ったからと言って、必ずしもその専門家とラーメン屋売却に向けての契約をしなければならないということはありません。

焦って契約先を決めずに、安心してなんでも相談できそうな専門家を見つけてください。

 

実現可能なラインは知っておくこと

ラーメン屋を高値で売却したいというときでも、現実的に可能なラインは知っておくべきです。

もしも周りに高額で売却した元ラーメン屋の人がいたのであれば、それは何らかの好条件を持ったラーメン屋だった可能性が高いです。

自分がお店を出したときには数千万円もかかったのに、売るときには100万円程度なんて信じられない、なんて人もいると思います。

しかし、買い手にとって、売り手の出店時の費用は関係ありません

 

売り手にとって重要なのは、ラーメン屋の立地や大きさ、収益性の高さなどです。

特に立地が良ければ、1,000万円程度の売却額になることも少なからずあります。

ただし、これはすべてのラーメン屋の売却で当てはまるわけではなく、一部の立地の特段優れた店舗だけだと覚えておきましょう。

現実的に可能なラインを意識しておかなければ、売却を希望しているのにずっと買い手がつかないということにもなりかねません。

 

以上が、高値でラーメン屋を売却する際に知っておくべき方法でした。

ラーメン屋を売るなら、まずは業者に売却額を査定してもらうべきです。

相場はあくまでも相場でしかありません。

実際にお店を見てもらい、情報を知ってもらって査定してもらった方が円滑にラーメン屋の売却を進めていくことができます。

 

ラーメン屋の売却額を査定してもらおう

ラーメン屋を売りたいと思ったなら、まずは専門の業者に売却額を査定してもらいましょう。

事業売却は、買い手探しや価格交渉、条件交渉などで思ったよりも手間や時間がかかることが少なくありません。

したがって、早く動けば動くほど、損をする可能性が低くなります。

「もっと早く専門家に相談しておけば得をしたのに・・・・・・」なんて、あとから思わなくても良いように、早めに相談に行くのが良いと言えます。

 

ラーメン屋の売却を考えている場合には、まずは専門家に相談に行ってみましょう。

専門家に相談に行けば、売却額を査定してくれるだけではなく、高値で売却するためのコツを教えてもらえることもあります

査定や相談なら無料で行っている専門家も多いので、あまり気負いせずに話を聞きに行ってみてください。

 

最後にラーメン屋の売却の相談先としておすすめの会社を紹介します。

 

スパイラルコンサルティング社

スパイラルコンサルティング社はつけ麺で有名な某ラーメン屋のM&Aを支援した企業です。

その売却額の高さによって、当時話題になったほど。

売却前に会社を成長させて売却額を高める「スケースM&A」を得意としています。

そのため、「今すぐ売りたい」というわけでなくても「いつか売りたい」という段階で相談をしておき、より高値で売れるタイミングでのM&A実施が可能です。

ラーメン屋を経営していて、

 

「引退したいけれど後継者がいない」

「事業を拡大していきたいが資金がない」

「今後の成長のためには経営の建て直しが必要だ」

 

などの課題を抱えている場合は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

>>成果報酬型・スケールM&Aなら『スパイラルコンサルティング社』<<