居酒屋の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

「経営している居酒屋の事業売却をしたいけれど、どうすれば良いのだろう」なんて、お悩みではないでしょうか。

居酒屋の事業売却は可能ですが、そのためにはやるべきことがあります。

売りたいと思ったときにやるべきことを知っておかなければ、居酒屋の事業売却を成功させることは難しいです。

せっかく今まで経営してきた居酒屋を売るのなら、成功させたいと考えているオーナーが多いでしょう。

そこで今回は、居酒屋の事業売却をするにあたって知っておくべきことを解説します。

居酒屋の事業売却の方法やポイントを知って、あなたのお店の売却を成功させましょう。

 

事業売却で居酒屋オーナーは得をする?

事業売却で居酒屋のオーナーは得をすることがほとんどです。

得というのは、以下の3つの点においてのものが考えられます。

 

  • 金銭的メリット
  • 精神的メリット
  • 時間的メリット

 

いずれも居酒屋を経営しているオーナーにとっては嬉しいメリットばかりです。

今まで経営してきた居酒屋のオーナーから離れるなら、廃業ではなく事業売却を選ばなければ損してしまう可能性は高いと言えます。

それぞれのメリットについて、順番に確認していきましょう。

 

金銭的メリット

居酒屋の事業売却を行えば、今まで経営してきたオーナーは金銭的に得をします。

なぜなら、居酒屋という事業を売ることによって対価を得ることができるためです。

あなたの経営してきた居酒屋の価値が高ければ高いほど、高額な対価を得られます。

一般的には、リタイアして居酒屋を廃業してしまうとそのような譲渡対価を得ることはできません。

したがって、売却による対価は居酒屋の事業売却ならではといえるメリットです。

また、居酒屋の事業売却を行えば、廃業にかかる費用を支払わなくて済む可能性があります。

今まで経営してきた居酒屋を廃業するなら、廃業のために費用が必要です。

たとえば、店舗を入居時の状態に戻す原状回復費用がかかってきます。

しかし、居酒屋の事業売却を行うことによって、あなたのお店は今までのように経営を続けていくので廃業費用が必要ありません。

このように、居酒屋の事業売却をすることで、オーナーは多くの金銭的なメリットを受けることができます。

リタイアするなら廃業ではなく事業売却をしたほうが得だということは覚えておいたほうが良いでしょう。

 

精神的メリット

居酒屋の事業売却を行うことによって、今まで経営してきたオーナーには精神的なメリットもあります。

それは、居酒屋の経営者という立場によるプレッシャーから解放されるというものです。

日々の居酒屋の経営は、決して簡単なものではありません。

うまく経営を続けていくためには、あまり意識していないかもしれませんがかなりのプレッシャーを背負っているはずです。

特に、居酒屋に従業員を雇っている場合は、人の生活を支えているという状況となります。

知らず知らずのうちに、居酒屋のオーナーは精神的に負担を背負っていることが多いです。

しかし、居酒屋の事業売却を行えば、そのような精神的なプレッシャーをなくすことができます。

少しでも居酒屋経営について精神的な辛さを感じているのであれば、事業売却を行うことでスッキリした気持ちになるでしょう。

また、居酒屋オーナーに家族がいる場合には、家族の精神的な負担も軽減できるかもしれません。

居酒屋の経営者は夜中や朝方に帰宅することも少なくありません。

それは、居酒屋の営業時間から考えると当然のことだと言えます。

しかし、そのような人と暮らすのがストレスになっている人も多いです。

したがって、オーナーだけではなく同居人の精神的な落ち着きも手に入れることができると言えます。

 

時間的メリット

居酒屋の事業売却は、時間的なメリットもあります。

あなたが居酒屋の経営から退くとき、廃業を選ぶとその手続きを行わなければなりません。

居酒屋を廃業しようと思ったその日に店じまいが完了するわけではないのです。

店舗を入居時の状態に戻すまでの期間も、賃貸料を支払う必要があります。

しかし、居酒屋の事業売却であれば、買い手側と売り手側の双方が納得すればスムーズに居酒屋を引き継ぐことができるところがメリットです。

居酒屋の経営から離れると決めてから事業を誰かに引き継ぐまで、早ければ早いほどリタイア後の時間を有意義に過ごすことができます

せっかくオーナーがリタイア後にやりたいことがあっても、廃業に時間がかかるとやりたいことに取り掛かるのが遅れてしまうので注意しておかなければなりません。

専門家であるM&Aアドバイザーに事業売却を依頼すれば、できるだけ最短で居酒屋を売ってオーナーからリタイアさせてもらえます。

時間は限られているものなので、有効に使うべきです。

 

以上が、居酒屋の事業売却でオーナーが受けられるメリットでした。

金銭的なメリットだけではなく、精神的なメリットや時間的なメリットもあるのが特徴です。

すべてのメリットを最大限に受けられるように、しっかりとした準備が大切となってきます。

それではここからは、居酒屋の事業売却をする際に何をすれば良いのかを見ていきましょう。

 

居酒屋の事業売却でまず始めにすること

居酒屋の事業売却をしたいのであれば、まずは以下のことを行いましょう。

 

  • なぜ事業売却したいのかを明確に
  • 売却完了までの期限を設定する
  • 売却事業の強みを明確に
  • 専門家の相談・査定を受ける

 

居酒屋の事業売却をするにあたって、思っていたよりもさまざまなことをしなければならず、驚いたオーナーもいるかもしれません。

しかし、1つ1つのことは難しくないので、順番に落ち着いて取り組んでいけば大丈夫です。

それでは、それぞれについて順番に確認していきましょう。

 

なぜ事業売却したいのかを明確に

今まで経営してきた居酒屋の事業売却をするなら、なぜそれをしたいのかを明確にしてください。

たとえば、オーナーがリタイア後の資金を手に入れるためや、資金力がある人に買ってもらって居酒屋の経営を安定させるため、今まで勤めてきてくれた従業員の雇用を守るためなどの理由が考えられます。

事業売却の目的をハッキリさせておくことによって、後悔しない結果を迎えられる可能性が高いです。

逆に、目的があやふやなまま居酒屋を売ってしまうと、あとから悔やむことになりかねません。

 

売却完了までの期限を設定する

居酒屋の事業売却をするなら、売却を完了させるまでの期限を設定してください。

目標となる期限を設定すれば、その期限までにさまざまなことを行おうと積極的に努力できるはずです。

もしも期限を設けなければ、日々の居酒屋経営に追われてさまざまなことが後回しになりやすくなってしまいます

ダラダラと事業売却に取り組んでも、良い結果は迎えにくいです。

したがって、目標とする期限を定めて、そのために行動に移していきましょう。

居酒屋経営は大変なので、それに加えて事業売却の手続きもするのは忙しくなります。

したがって、必要に応じて専門家に依頼することも大切です。

 

売却事業の強みを明確に

居酒屋の事業売却をするなら、あなたのお店の強みを明確にしておいてください。

強みをいかにアピールできるかで、事業売却の成功率も変わってきます。

特に何の強みもないどこにでもあるような居酒屋をわざわざ購入しようと思う人はいません

したがって、あなたの居酒屋独自の強みを考えて理解してもらうことが大切です。

自分の事業の強みがわからないときは、ライバルとなる居酒屋と比べてみるとわかりやすくなります。

なぜ競合店ではなく、自分の居酒屋にお客さんが来てくれるのかを考えてみると良いです。

また、日々の売上の記録をわかりやすい資料としてまとめると、相手に強みを伝えやすくなります。

少し時間はかかってしまうかもしれませんが、重要な作業なのでていねいに取り組みましょう。

強みが自分だけではわからないときは、専門家に客観的な意見を言ってもらうのも良いです。

 

専門家の相談・査定を受ける

居酒屋の事業売却をするなら、専門家に相談して査定を受けるべきです。

自分だけでどうにかすべての事業売却の手続きを行いたいと考えているオーナーも多いと思います。

しかし、居酒屋の事業売却ではさまざまなことを考えなければなりません。

たとえば、経営学や法律学、会計学などのさまざまな専門的な知識も必要です。

居酒屋を経営しながらそのような知識を自分だけで勉強して身に付けるのは難しいので、専門家に頼ったほうが安心できます。

まずは事業売却の専門家に相談して、あなたの居酒屋事業について査定をしてもらいましょう。

査定を行うことによって、居酒屋がどれくらいの金額で売却できるのかがわかります。

買い手側も専門家に相談して査定を行うことが多いですが、売り手側も査定をしておくことで高額な売却ができる可能性が高くなるのです。

したがって、積極的に専門家の力を借りて、居酒屋の事業売却を成功に近づけましょう。

 

以上が、あなたの居酒屋を事業売却するにあたって、まず行うべきことでした。

どの手続きも事業売却をするなら欠かせないので、ていねいに行ってください。

何か事業売却にあたって不安なことが少しでもあれば、専門家に相談しながら行ったほうが安心です。

専門家はあなたの居酒屋の事業売却を成功させるために、さまざまな視点からアドバイスをくれます。

それではここからは、居酒屋の事業売却を行う際のポイントを確認しておきましょう。

 

居酒屋の事業売却を行う際のポイントは

居酒屋の事業売却を行う際のポイントは、以下の3つです。

 

  • 思い立ったが吉日
  • 売却確定まで従業員や顧客を不安にさせない
  • 事業売却をした先の目標を決める

 

これらのポイントをおさえておかなければ、居酒屋の事業売却に失敗してしまうかもしれません。

せっかく今まで経営してきた居酒屋を売るなら、失敗だけは避けたいと思います。

それぞれのポイントについて、順番に確認していきましょう。

 

思い立ったが吉日

居酒屋の事業売却を行うなら、思い立ったが吉日と考えてどんどん行動に移していきましょう。

実は、居酒屋の事業売却は早めに取り掛かれば取り掛かるほど、成功する確率が高くなります。

なぜなら、入念に居酒屋を売るための準備をしたうえで最適な買い手を見つけることができるためです。

条件交渉の段階になってから交渉決裂となり買い手を探しなおすこともあるので、早めに取り掛かっておいたほうが安心できます。

何から手を付けたら良いのかわからないときは、まずはあなたの居酒屋についての情報をリストアップしていきましょう。

売上や従業員数、回転率、原価率、仕入先など、わかることを書き出していけば役に立ちます。

そして、そのリストアップした情報を持って専門家に相談に行けば何をすれば良いのかをアドバイスしてもらえるはずです。

居酒屋を経営しながら事業売却についても考えるのは大変でしょうが、頑張ってみてください。

 

売却確定まで従業員や顧客を不安にさせない

居酒屋の事業売却をするなら、売るということが完全に決まるまでは従業員やお客さんに伝えないほうが良いでしょう。

なぜなら、決まる前の不確定な段階で噂になってしまうと、急に辞める従業員や、居酒屋に来なくなる常連のお客さんが出てくる可能性があります。

あくまでも居酒屋の売却が確定するまでは誰にも言わないようにするべきです。

したがって、事業売却についての行動を起こすのも営業中に人が見えるところではやめておいてください。

従業員やお客さんが離れてしまうと、買い手も見つかりにくくなります。

なぜなら、居酒屋に売上の見込みがないと思われてしまうためです。

そうなると事業売却自体が失敗に終わることにもなりかねません。

事業売却が確定した段階で、冷静に従業員に伝え、その後お客さんにも伝えましょう。

 

事業売却をした先の目標を決める

居酒屋を事業売却するなら、その後の目標を決めたほうが良いです。

たとえば、オーナー業をリタイアして何をするのか、居酒屋以外の新事業に乗り出すのかなど、将来のビジョンが何かあると思います。

今まで経営してきた居酒屋の事業売却をしようと思ったのであれば、何らかのきっかけがあるはずです。

したがって、事業売却をゴールだと思わないようにしてください。

事業売却をした先の目標を明確にしておくことによって、事業売却へのモチベーションも高まります。

居酒屋の事業売却はあくまでも目標を達成するための通過点だと捉えて、積極的に成功させられるように動いていきましょう。

ゴールだと考えてしまうと、行動も遅くなりやすいです。

 

以上が、居酒屋の事業売却を行う際に知っておくべきポイントでした。

居酒屋の事業売却をするなら、さまざまなことを考えなければなりません。

自分だけで行うことは難しいので、居酒屋の事業売却については専門家に相談すれば安心です。

 

居酒屋の事業売却の相談先

居酒屋の事業売却の相談先には、専門家であるM&Aアドバイザーが良いでしょう。

M&Aアドバイザーに相談すれば、あなたの居酒屋を事業売却するにあたっての流れや手続き、必要なことを教えてもらえます。

居酒屋の買い手が見つかっていないのであれば、買ってくれる相手探しから手伝ってもらえることも多いです。

今まで関わってこなかった専門家であるM&Aアドバイザーに相談するのはハードルが高いと感じているオーナーが多いと思います。

しかし、気さくに話を聞いてくれる人がほとんどなので安心してください。

居酒屋を事業売却するなら、できるだけ早くM&Aアドバイザーのところに相談に行ったほうが成功する確率を高められます。

特に、自分の居酒屋と同じくらいの規模の事業売却を行ったことがあるM&Aアドバイザーなら安心して頼ることができるはずです。

最初の相談は無料で行っているM&Aアドバイザーも多いので、まずは相談に行ってみましょう。

 

東京で居酒屋の事業売却相談に対応している会社に、スパイラル・アンド・カンパニー社があります。

多種多様な事業売却の仲介を行っています。

初回問い合わせを無料、かつ匿名でできるため、相談のハードルも低いのではないでしょうか?

 

スパイラル・アンド・カンパニー社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<