居酒屋のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

居酒屋のM&Aを検討したいが、近くにM&Aを経験した人がいないためイメージがいまいちよく分からないような人も多くいるでしょう。

上手く居酒屋のM&Aが進むと、売り手側だけでなく買い手側や社員など全ての人にとって嬉しいと思えるような結果になります。

居酒屋のM&Aに失敗しないためには、居酒屋のM&A事例から学ぶのがおすすめです。

 

ここでは、居酒屋のM&A事例から学ぶ成功のポイントについてご紹介しましょう。

先人に学ぶ、というのはM&Aでも有効な手段です。

 

居酒屋オーナーがM&Aを選ぶ理由とは?

では、そもそもM&Aを居酒屋のオーナーが行うのはどのような理由からなのでしょうか?

まず、居酒屋のM&Aのメリットについてご紹介しましょう。

 

居酒屋のM&Aは、金銭面のメリットがあります。

金銭面のメリットとしては、次のようなものがあります。

 

  • 撤退する際に費用がかからない
  • 譲渡した際に現金が得られる

 

このような金銭面のメリットは、居酒屋の経営をやめたいと考えている場合は、非常に大切なものでしょう。

一般的に、居酒屋を辞める場合は、費用がかかる場合が多くあります。

というのは、原状回復費用という居酒屋が入っているお店を元のように戻してから廃業することが必要になるためです。

しかし、居酒屋のM&Aであれば、経営権が移るのでそのままのお店の状態で譲渡することができます。

そのお店を改修するも、そのままにするも、次の経営者の自由です。

 

また、居酒屋を譲渡することで得られる現金も金銭的メリットの1つです。

事業や会社を譲渡する際は、基本的には譲渡の対価としての現金が手に入ります。

リタイア後の生活に使うことも、次のビジネスに使うこともできます。

対価がせっかく獲得できるにも関わらず、M&Aを利用しないで廃業をするのは損です。

 

金銭的メリット以外には、例えば従業員やお客様のためになる、という点が挙げられます。

居酒屋を廃業にすると、長年勤めてくれた社員の仕事も無くなります。

そのため、居酒屋のオーナーは社員に廃業することを伝える際にストレスを感じる場合が多く、なかなか言い出せずにお店を畳む直前での連絡になってしまうケースもあります。

それでは従業員も困ってしまいますよね。

さらにお店を好きでいてくれたお客様にとっても、好きなお店を1つ失うわけですから悲しい思いをします。

しかしM&Aによって経営権を移しお店を残すことができれば、従業員は働く場所を失わず、お客様は好きなお店に通いつづけられます。

居酒屋のオーナーは周りの人のためにも廃業ではなくM&Aを選ぶ、という選択肢も考えるべきです。

 

居酒屋のM&A事例

居酒屋のM&Aのメリットが分かっていただけたかと思います。

だからといって、「M&Aを選択しよう!」と思うことは簡単にはできませんよね。

M&Aは大企業がやるもので何だか難しそうと思うかもしれません。

 

そこでやるべきことは居酒屋のM&A事例を見てみることです。

 

居酒屋「はなの舞」をご存知でしょうか?

駅前などによくお店があるので、行ったことがあるという方も多いでしょう。

この居酒屋を展開するチムニー株式会社は、「八剣伝」「酔虎伝」などを運営するマルシェ株式会社と資本業務提携を結びました。

 

これにより関東圏に強いチムニー株式会社と関西圏や郊外に強いマルシェ株式会社がタッグをくみ、広い地域をカバーできるようになりました。

もしそれぞれがお互いの出店地域に店舗を新たに出そうとするのであれば、資金も人材も必要となり、ライバルとして激しく競争する必要があります。

それは労力を掛けてお互いに疲弊するだけに終わるかもしれません。

 

手を組むことでお互いの良さを共有し、シナジーによって新たなサービスや店舗を創り出すこともできるでしょう。

このように居酒屋がM&Aを行うことは決して非現実的なことではなく、大きなメリットが手に入るのです。

 

居酒屋のM&A事例から読み取る成功ポイントとは

ここでは、居酒屋のM&Aを行う場合に把握しておく方がいい成功ポイントについてご紹介しましょう。

居酒屋のM&A事例から読み取る成功ポイントとしては、次のようなものがあります。

 

ビジネスモデルを整理する

世の中には様々な居酒屋がありますよね。

そのため競争も激しく、生き残りをかけた戦いを繰り広げています。

ではその中でどうして生き残っているのか

 

例えば海鮮メインの居酒屋を複数のブランドで展開しているとすれば、1つの仕入先からたくさんの魚介類を仕入れて各ブランド、各店舗に卸すことができます。

そうするとお店では安く料理を提供することができます。

また海鮮料理のお供といえば日本酒ですよね。

日本酒についても同じようにまとめて仕入れることができます。

そうすることで「安く、海鮮でお酒がのみたい」というニーズに対して応えることができます。

 

このようにビジネスモデルを整理することで、同一の特徴を持たない企業にアピールする方法、同じ特徴を持つが遥かに規模が自分の居酒屋よりも大きい企業にアピールする方法が見えてきます。

前者にはM&Aによって新たな武器を持つことができるということをアピールし、後者にはさらなる規模拡大というアピールをすればいいのです。

M&Aの相手を探す際にも、このような視点を持っていると探しやすいです。

 

M&Aにおいて譲れない条件をはっきりさせる

M&Aを行うなら、どこまでの条件をつけるのかを買い手側と話し合わなければなりません。

その際に、何もかもを相手に認めてもらうことは難しいです。

したがって、どうしても譲れない条件と、場合によっては妥協しても良い条件を判断する必要があります。

 

たとえば、ビジネスモデルを整理したとしても、それをすべて買い手に引き継いでもらうことが正解だとは限りません。

買い手企業が運営する居酒屋のメニューに自分の居酒屋のメニューに似たものがあるとします。

買い手企業のメニューの方が原価が安く、よく注文されていてお客さんからの人気も高いとあれば、そのメニューに差し替えてしまうのもひとつの手です。

しかし差し替えられてしまう自分の居酒屋のメニューについて、例えばお店の創業当時からある代表メニューで、そのメニューでお店を大きくしてきた、というケースもあります。

いくら似ているといえど、別のメニューに変えてしまったらアイデンティティがなくなってしまうため、どうししても残したいメニューを決めておいてもいいのです。

 

ただし居酒屋の経営を続けていくのであれば、諦めざるを得ない点を出てくるはずです。

完ぺきに条件通りのM&Aを行おうとするのではなく、絶対に譲れない条件を定めながら、居酒屋にとって良い結末になるように臨機応変に対応するのが良いと言えます。

 

M&Aを行うのであれば、居酒屋がより良くなるようにしっかりと条件面については考えましょう。

もしも高額で買い取ってくれる相手が見つかったとしても、自分の希望する条件とまったく違うようであれば、断る勇気も必要です。

また、うまく交渉を行えば相手に条件を認めてもらえることもあります。

交渉に自信がないというときには、専門家であるM&Aアドバイザーなどの力を借りることも検討するべきです。

 

売却先候補に事業の強みや価値が伝わる説明を

居酒屋のM&Aを行うなら、買い手側には事業の強みや価値をしっかりと伝えなければなりません。

魅力的な居酒屋だとしても、強みや価値をうまく相手側に説明することができなければ、適切な評価をしてもらえない可能性が高いです。

そうなると、条件や価格を交渉するときに希望通りに進めることが難しくなってしまいます。

それによって、交渉が失敗したり、長期に渡ったりしてしまう可能性があるのです。

せっかく時間をかけて交渉したのに、最終的に失敗となるのは避けたいところだと思います。

したがって、居酒屋のM&Aを行うなら、相手に魅力や強みをどれだけ理解してもらえるのかがポイントです。

買い手側に居酒屋の強みや価値をわかってもらうためには、まずはオーナー自身がしっかりとお店について理解しておく必要があります。

伝える本人がよくわかっていないのに、相手にわかってもらおうとするのは難しいです。

また、買い手側に伝える際には、具体的な数値などを出すことも良いでしょう。

なぜなら、今まで経営してきたオーナーには、居酒屋に思い入れが強くあって客観的な評価がしにくくなるためです。

買い手はまだ特に居酒屋に思い入れがないことがほとんどのはずなので、注意しておかなければなりません。

説得力のある説明をするなら、客観的な要素も入れることが重要となるのです。

自分の居酒屋の強みや価値がよくわからなければ、ビジネスモデルから見直してみるのも良いでしょう。

他には、専門家であるM&Aアドバイザーなどに相談してみるのも方法の1つです。

専門家によっては、買い手探しや交渉まですべてを行ってくれることもあります。

 

M&Aの専門家に頼るのもアリ

自分だけでM&Aを行うことに少しでも不安があるのなら、M&Aの専門家に頼るべきです。

M&Aを行う際には、経営面や会計面、法律面などのさまざまな角度から物事を判断していかなければなりません。

居酒屋を今まで経営してきたといっても、M&Aの経験がなければ気が付きにくいポイントも多いはずです。

したがって、専門家に相談してバランス良くM&Aを進めていくのが良いでしょう。

M&Aの専門家は、買い手探しから条件交渉までの手続きを一括して行ってくれる場合も少なくありません。

居酒屋を経営しながらM&Aの手続きを自分だけで進めるのは非常に難しいので、専門家の力を借りながら進めていくのが安心です。

そういった専門家には頼ったことがないから、あまり相談に行く気持ちになれないという人もいると思います。

しかし、M&Aの専門家は多くのケースをこなしてきたプロフェッショナルなので、信頼して任せるべきです。

また、専門家に相談に行けば、M&Aのさまざまな事例について教えてもらうこともできます。

周りにM&Aの経験者がいなければ、なかなか具体的なイメージはわいてこないはずです。

そのようなときは、自分の経営する居酒屋と同じ程度の規模のM&Aの事例を聞くのが良いと言えます。

 

居酒屋のM&A事例をさらに聞くなら

居酒屋のM&Aを行うことになる人は、全人口のうちどのくらいいるのでしょうか?

恐らく一部の人だけですよね。

なかなか詳しい話を身の回りの人から聞くのは難しいです。

もし居酒屋のM&Aを検討していたり、もっと事例を聞いて検討したいと思っていたりするのであれば、ぜひM&Aの専門家に話を聞きに行きましょう。

初回面談は無料としている専門家も多く、気軽に相談ができます。

 

また今はまだ経営を続けるつもりだけれど、今後年齢を重ねていく中で誰かに譲って引退したいと思っているのであれば、準備として専門家に相談だけでも行っておくといいでしょう。

高齢になってからではなかなか思うように体を動かせなくなったり、残りの時間が限られていたりします。

まだまだ先の話と思わず、今からでも将来のことを考えておきましょう。

 

居酒屋をはじめ飲食店のM&Aに特化している相談先もあります。

東京ではスパイラルコンサルティング社があります。

業界特化では、その業界特有のノウハウを持っているため、相談先に迷ったらまずは業界を知っている専門家に相談をしましょう。

事業価値を高めることで売却額を高めることができますが、そのような視点でもM&Aのコンサルティングを行ってくれる企業の方が、M&Aの結果に後悔しづらくなるでしょう。

少しでも興味があるのであれば、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>成果報酬型・スケールM&Aなら『スパイラルコンサルティング社』<<