居酒屋の事業売却【事例から読み解くポイント】

「居酒屋を経営しているけれど、もう売却してしまいたい」なんて、お考えではないでしょうか。

オーナーによって理由はさまざまだと思いますが、せっかく今まで経営してきた居酒屋を売却するなら成功させたいと考えているはずです。

しかし、居酒屋の事業売却はポイントをおさえておかなければ失敗する可能性もあります。

したがって、成功事例からポイントを読み取って実践することが大切です。

そこで今回は、居酒屋の事業売却を成功させるための方法や、事例を確認していきます。

居酒屋の事業売却をするためのポイントをしっかりおさえて、思うような売却を成功させましょう。

 

居酒屋の事業売却を行うのは、こんなとき!

居酒屋のオーナーが事業売却を行うのは、以下のようなときが考えられます。

 

  • 業績が思わしくないとき
  • 店舗拡大をしたいが資本や人が足りないとき
  • オーナーがリタイアしたいとき
  • 別の事業に注力したいとき

 

もしもあなたがこれらの中のいずれかに当てはまるなら、積極的に居酒屋の事業売却を考えるべきです。

その場合なら、居酒屋の事業売却を成功させられる可能性は高いと言えます。

それぞれのケースについて、順番に確認していきましょう。

 

業績が思わしくないとき

居酒屋のオーナーをやっていると、日々の業績は常に気になると思います。

経営はなんとか今はできていても、将来的にどうなるかが不安になることも多いはずです。

新しいメニューへのチャレンジや、いつもは出さないお酒の入荷などというように工夫をしながら居酒屋の経営をしていても、毎回結果が出るとは限りません。

せっかく考えていろいろ頑張っているのに報われないと感じてしまうときもあるのではないでしょうか。

そのようなとき、居酒屋の事業売却を行うのも1つの選択肢です。

 

事業売却を行って、資本力のあるところにあなたの居酒屋を買ってもらえれば今よりもさまざまなことに挑戦できるようになります。

また、経営の実績が豊富な人にオーナーとして居酒屋を引き継いでもらえば、今よりもお店が成長する可能性も高いです。

居酒屋の業績が思わしくなくて廃業してしまうのであれば、事業売却を考えたほうが良いでしょう。

事業売却を成功させれば、買い手側の強みや経営資源をあなたの居酒屋の経営でも活かしてもらうことができるのです。

居酒屋のことを考えれば、事業売却を行ったほうが良いケースは少なくありません。

 

店舗拡大をしたいが資本や人が足りないとき

居酒屋を経営していると、店舗を今よりも拡大したいと考えることもあると思います。

しかし、そうは言っても資金や人員が足りておらず着手できないケースは多いです。

特に資金はいきなり集められるものではありません。

店舗拡大のために地道に資金を増やしていくしかないと悩むオーナーはよくいます。

また、人気がある居酒屋のオーナーなら、今までは順調に店舗を拡大してきたけれど、最近は人手不足で困り始めてきたということもあるはずです。

居酒屋を経営していると、急に売上が思うようにあがらなくなったり、アルバイトのスタッフが競合店に流れてしまったりする可能性があります。

 

そうなった場合、居酒屋の事業売却を行うことで問題を解決できることが多いでしょう。

なぜなら、あなたの経営している居酒屋を資金がたくさんある買い手に売却することで、買ってくれた人の経営資源を活用してもらえるためです。

売上をあげるための方法に取り組むお金や、スタッフの時給を高めるためのお金が居酒屋には入ります。

そうすればあなたが経営してきた居酒屋を今よりも拡大することが可能です。

 

オーナーがリタイアしたいとき

居酒屋を経営していると、いつかはオーナーであるあなたがリタイアしなければならないときが出てくると思います。

そのようなオーナーがリタイアしたいというケースでも事業売却は有効な手段です。

 

ちなみに、あなたがリタイアするのであれば、リタイア後の人生設計も考えておく必要があります。

生きていくためにはお金が必要ですが、居酒屋を事業売却することでリタイア後の生活のために資金を役立てることが不可能ではありません

事業売却で得られる金額はあなたの居酒屋の規模や売上などにもよりますが、廃業して店じまいをしてしまうよりは得になることが多いです。

居酒屋は廃業をするときでも、廃業のための費用が必要になります。

たとえば、居酒屋の入っていたテナントを入居時の状態に戻す原状回復費用が多くの場合かかるので覚えておかなければなりません。

居酒屋の事業売却を行ってそのまま経営を引き継いでもらえば、原状回復費用は必要にならないです。

 

したがって、リタイアするのであれば事業売却ができないかをまずは考えてみてください。

ちなみに、居酒屋のオーナーがリタイアする際には金銭的なメリット以外にも、後継者問題を解決できるというメリットもあります。

本当は誰かに居酒屋の経営を引き継いでほしいけれど後継者が見つからないというオーナーは多いです。

そのようなとき、事業売却で第三者にあなたが今まで経営してきた居酒屋を引き継いでもらうことで後継者を見つけることができます。

自分で決めた後継者でなければ信頼できないかもしれないと不安に思うかもしれませんが、後継者がいなくて店じまいをするよりは居酒屋について経営能力のある第三者を見つけて引き継いだほうがお店は長続きするはずです。

 

居酒屋を売るということに内心では抵抗のあるオーナーもいるとは思いますが、事業売却は悪いことはではありません。

将来的にも長く居酒屋を続けていくためには、事業売却を選択肢に入れておくと良いでしょう。

 

別の事業に注力したいとき

居酒屋を経営している最中に、オーナーが居酒屋とは別の事業に注力したくなるということも多いです。

しかし、オーナーが居酒屋の経営からリタイアしたいときにお店を誰かに引き継がなければ、その時点で今まであなたが経営してきた居酒屋はなくなってしまいます。

居酒屋がなくなるということは、単に事業だけではなく、そこで提供していた食べ物やお酒の味もなくなってしまうということです。

今までせっかく居酒屋をやってきたのに、あなたのリタイアとともにお店や商品自体もなくなってしまうことを悲しく思うオーナーは少なくありません。

しかし、そうは言っても居酒屋以外の新たな事業をやりたいという気持ちもなくせないと思います。

 

そのようなとき、事業売却を行って誰かに居酒屋を引き継げば、自分自身はオーナーの立場から離れてもお店や商品は続いていくのです。

別の事業に注力したくなったなら、店じまいをするのではなく事業売却を行ったほうが資金の面でも安心できます。

なぜなら、居酒屋の事業売却をして得たお金を新事業にまわすことができるためです。

したがって、居酒屋以外の事業に本腰を入れるのであれば、事業売却を考えてみてください。

 

以上が、居酒屋を経営しているオーナーが事業売却をする4つのケースでした。

しかし、事業売却という言葉自体に馴染みがなく、あまり具体的なイメージを持てていないオーナーもいると思います。

単に事業を誰かに売ればそれで終わりだろうと思っているかもしれませんが、そうではありません。

それでは、ここで具体的な飲食店の事業売却の事例を見ておきましょう。

 

居酒屋の事業売却の事例を見てみよう

今回ご紹介するのは、居酒屋での事業売却の事例です。

 

居酒屋経営をしている『つぼ八』が、酒類販売会社の『やまや』に企業売却をしました。

『やまや』は傘下である居酒屋の『チムニー』と共同で『つぼ八』の株式の87.8%を取得し、合計店舗数は988店となります。

それによって、今までそれぞれの居酒屋が持っていた業態や調達ルートを活用して経営の効率化が図られることとなりました。

こうして売り手側は事業を引き継いでもらえたうえに、さらなる事業のスケールアップも望めるようになったのです。

 

以上が、居酒屋の事業売却の事例でした。

居酒屋を含めた飲食店では、今回ご紹介した事例のようなポジティブな要素の強い事業売却も多く行われています

廃業したくないから仕方なく事業売却するオーナーだけではなく、ポジティブな気持ちでお店を大きくするために事業売却を1つの手段として用いる居酒屋オーナーもいるのです。

あなたも事業売却に興味があるのなら、今まで経営してきた居酒屋がより良くなるように意識しておきましょう。

それではここで、居酒屋の事業売却を行う際にオーナーであるあなたが気をつけておくべきポイントを見ていきます。

 

居酒屋の事業売却を行う際に気をつけたいポイント

居酒屋の事業売却を行う際には、オーナーであるあなたがしっかりと気をつけておいたほうが良いポイントがあります。

それは、以下のようなものです。

 

  • ビジネスモデルを見直す
  • 売却先の絶対条件を決める
  • 資料やデータを十分に用意する
  • 事業売却のコンサル企業の力を借りる

 

どのポイントも難しいものではないのですが、抜け落ちてしまいやすいときもあるので気をつけなければなりません。

それでは、それぞれについて順番に確認していきましょう。

 

ビジネスモデルを見直す

居酒屋の事業売却を行うなら、あなたのお店のビジネスモデルを今一度見直すべきです。

ビジネスモデルを明確にしたうえで、あなたが経営してきた居酒屋独自の強みがわかれば買い手は見つかりやすくなります。

そうは言っても、ビジネスモデルなんていきなり思いつかないというオーナーは多いはずです。

そのようなときは、近くにある居酒屋など競合店と自分のお店を比較してみましょう。

たとえば、比較するときには居酒屋の立地や回転率、メニューの数などのさまざまな要素が考えられます。

たくさんのことを比較していけば、自然とビジネスモデルや事業の強みが見えてくるものです。

 

売却先の絶対条件を決める

居酒屋の事業売却を行うなら、売却先の絶対条件を決めておくべきです。

具体的にどのような条件はどうしても譲れないのかを明確にしたうえで、事業売却についての考えを整理しておきましょう。

今まで居酒屋を頑張って経営してきたということもあって、あなたのお店への思い入れは強いかもしれません。

しかし、絶対条件は多すぎると買い手が見つかりにくいという点には注意しておいてください。

どこまでなら妥協できるのかを決めておくことで、買い手候補が見つかったときに条件交渉がスムーズに進みやすくなります。

このとき、居酒屋の事業売却を早く行いたいからと言って、絶対条件を妥協することはないほうが後悔しにくいです。

 

資料やデータを十分に用意する

あなたの居酒屋を事業売却するにあたって、資料やデータを十分に用意しておくべきです。

居酒屋を上手く事業売却したいなら、買い手となる人にあなたの居酒屋の強みや価値が正確に伝わる説明をしなければなりません。

そのためには、今まで経営してきた居酒屋への情熱や思い出を語るだけではなく、客観的なデータも相手に見せることが重要です。

資料やデータなんて作ったことがないからどうすれば良いのかわからないというオーナーもいると思います。

実は、そんなに難しいことはしなくても大丈夫です。

居酒屋であれば、日報をつけているオーナーも多いと考えられます。

そのような日々の数値を元にグラフなどを作れば、自分の頭の中でも理解が進みやすくなり、買い手にも納得してもらいやすいです。

資料作りに不安があるのなら、専門家に相談するのが良いでしょう。

 

事業売却のコンサル企業の力を借りる

居酒屋の事業売却を成功させたいなら、専門家であるコンサル企業に頼るのも良いです。

事業売却を行うためには、法律や会計、税務などさまざまな専門的な知識が必要となります。

オーナーであるあなただけでは対応しきれない領域もあるので、プロの力を借りておいたほうが安心です。

無理に自分だけで事業売却を行ってあとから何らかの不備が発覚した場合、売却先の人とトラブルになるかもしれません

自分だけでは居酒屋の事業売却が難しそうだと少しでも感じたのであれば、専門家に相談に行ってみてください。

せっかく今まで経営してきた居酒屋を売るのであれば、できるだけ成功の可能性を高めるべきです。

 

以上が、居酒屋の事業売却を行うにあたって知っておくべきポイントでした。

しかし、居酒屋の事業売却は、すべてが成功しているわけではありません。

不安に思った居酒屋オーナーもいるかもしれませんが、失敗している事業売却は、ご紹介したポイントをおさえていなかった場合が多いです。

少しでも居酒屋の事業売却について悩んだら、コンサル企業に相談しに行きましょう。

 

居酒屋の事業売却でお悩みなら

居酒屋の事業売却をしたいなら、専門家であるコンサル企業に相談しておけば安心です。

居酒屋の事業売却をするなら、買い手探しをできるだけ早く行ったほうが成功に近づきます。

コンサル企業が買い手探しを手伝ってくれることもよくあるので、まずは説明を聞きに行ってみてください。

自分だけで買い手を探しても、探せる範囲は小さいと考えられます。

専門家に相談に行くのは少し抵抗があるという居酒屋オーナーもいるかもしれませんが、あなたが経営してきた居酒屋を存続させるためには重要なステップです。

多くの専門家は、優しくあなたの居酒屋の事業売却を成功させるために手伝ってくれます。

安心してなんでも相談できるような頼れるパートナーを見つけて、居酒屋の事業売却を成功させましょう。

 

東京で居酒屋を事業売却するのなら、スパイラル・アンド・カンパニー社が売り手と買い手の仲介を行っています。

様々な事業売却の事例があるので話を聞いてみるといいと思います。

過去には高い金額で事業売却した事例もあり、より高く売りたいと思っている人にはぴったりでしょう。

 

スパイラル・アンド・カンパニー社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<