居酒屋の事業承継【事例から読み解くポイント】

「居酒屋を経営しているけれど、そろそろ後継者に事業を引き継いでもらいたい」と、お考えではないでしょうか?

居酒屋の事業承継は、珍しいことではありません。

しかし、引き継ぎ方法や後継者選びを失敗すると、事業自体が傾いてしまう可能性も高いです。

したがって、居酒屋を事業承継する際には、適切な方法で行わなければなりません。

そこで今回は、居酒屋の事業承継のポイントを事例から読み解いていきます。

居酒屋の事業承継のポイントを知って、あなたのお店の引き継ぎを成功させましょう。

 

居酒屋が事業承継を行う背景

まずは、居酒屋オーナーが事業承継を行う背景から確認していきましょう。

居酒屋が事業承継を行うのは、以下のような場合です。

  • オーナーがリタイアしたいとき
  • 後継者によるアイデアでお店を大きくしたいとき
  • オーナーが別の事業に注力したいとき

もしもこのような状況にあるのであれば、事業承継を行ったほうが良いでしょう。

たとえば、オーナーがリタイアしたいときに事業を誰かに引き継がなければ、お店はなくなってしまいます。

お店がなくなるということは、事業だけではなく、そこで提供していた食べ物の味もなくなってしまうということです。

今までせっかくお店を続けてきたのに、リタイアとともにお店や商品自体もなくなってしまうことを悲しく思うオーナーは少なくありません。

また、そのお店が好きだったファンにとっても悲しいことですし、従業員は働く場所を失います。

しかし居酒屋を事業承継さえすれば、自分が経営から離れてもお店は存続します。

したがって、お店が存在し続けて欲しいという背景で事業承継を行うオーナーが多いです。

 

居酒屋の事業承継先は、親族や従業員の身の回りの人であるケースもありますが、M&Aによって社外の人間に引き継いでもらうケースもあります。

特に少子化が進み、飲食業界の人気が低迷している日本では、最近はM&Aによる事業承継が進んでいます。

もしお店の存在を守りたいものの、肝心の後継者が見つからないという場合は、M&Aも検討してみるべきです。

以上が、居酒屋の事業承継の背景でした。

それでは、ここで具体的な居酒屋の事業承継の事例を見ておきましょう。

 

居酒屋の事業承継の事例 

ある個人経営の居酒屋では地元人気が高く、経営者がリタイアする際には廃業ではなく事業承継を望んでいました。

しかし経営者の息子はすでに東京で働き、実家の居酒屋を継ぐ意思はなく、経営者自身も楽しそうに東京で働く息子の人生を縛り付ける気持ちにはなれませんでした。

そのたけ経営者は「継ぐ人間がいなければ残念だが廃業しかない」と思っていましたが、多くの常連客に愛されているお店は【みんなが集まる場所】としての価値があり、その場を奪ってしまうようなことになって申し訳なく思う気持ちもあり、板ばさみになっていました。

 

そんな状況を知った同じ地域のレストランオーナーがM&Aによる事業承継の提案をしてきました。

レストランは県内に3店舗あり、順調に業績を伸ばしていました。

レストランオーナーは、居酒屋オーナーが個人で経営していたため、いくら人気があっても1店舗で営業していたその居酒屋に対して、もっと需要があるはずだと思ったのです。

そしてその居酒屋の【みんなが集まる場所】という空間を好きでもいたのです。

 

居酒屋オーナーがお店を残したい理由である【みんなの集まる場所】という特徴について、レストランオーナーは理解をしめし、M&A後もそのようなコンセプトでお店を経営することに同意しました。

居酒屋オーナーはM&Aによって事業承継することに決めて、安心してリタイアすることにしました。

リタイア後はいちお客として居酒屋に訪れることもあるのです。

 

居酒屋の事業承継のポイントとは

居酒屋の事業承継の場合は、現状をまず整理することが大切です。

ここでは、居酒屋の事業承継のポイントについてご紹介しましょう。

 

ビジネスモデルや強みを整理する

居酒屋の事業承継をするなら、ビジネスモデルや強みをしっかり整理することが大切になります。

今回の事例では、第三者に事業を引き継いでもらいましたが、もともとそのお店を知っていた、という点があります。

しかし大抵の場合は深くまで理解していることはほとんどありません。

 

居酒屋のスケールアップを望むなら特に、引き継いでくれる人にもビジネスモデルや強みを理解したうえで、それを活用した居酒屋経営をしてもらわなければなりません

そうしなければ、せっかく今まで築き上げてきたあなたの居酒屋独自の良さが失われてしまう可能性が高いです。

 

また、ビジネスモデルや強みを整理するだけではなく、それを後継者に伝えられるように説明も丁寧に行う必要があります。

今までずっと経営してきたオーナーである自分自身にとっては思い入れのある事業でも、まだ引き継いでいない後継者候補にとってはそこまで思い入れや情熱が足りていないこともあるのです。

そのような状況で熱意だけをアピールしても、相手には響きません。

したがって、ビジネスモデルや事業の強みは、具体的な数字や表を交えながら説明すると相手にわかってもらいやすいです。

 

「どこから手を付けてよいのかわからない」というときは、事業承継を行う予定の居酒屋がどこで何をどのように売っているのか、他店に比べてどのような強みがあるのかを、思いつくだけリストアップしていきましょう。

リストアップが一通り終わったら、冷静に内容を分析してまとめていきます。

自分だけではビジネスモデルや事業の強みを考えきれないというときは、従業員やM&Aアドバイザーに聞いてみると客観的な意見がもらえる可能性が高いです。

他にも、身近なライバル店と自分のお店を比べてみることでもビジネスモデルや事業の強みが考えやすくなります。

 

M&Aにおいて譲れない条件をはっきりさせる

居酒屋の事業承継をする際に、「これだけは絶対に譲ることのできない条件がある」というのなら明確にしておくべきです。

後継者候補が見つかったら、どのような条件で事業を引き継いでいってもらうのかを話し合う必要があります。

そうしなければ、お互いの希望する条件が噛み合わないためです。

そこで、あなたは居酒屋を引き継いでもらうにあたって、どの条件は譲れないのかということを具体的にしておかなければなりません

事業承継した後のお店がどのような姿になっているか、それが条件を絞る際に最も参考になると思います。

 

事前に時間をかけて、どの条件は絶対に譲れず、どの条件は妥協できるのかを決めておきましょう。

単に自分の利益だけではなく、後継者や従業員、お客さんのことまでを意識したうえで条件を考えると具体的に考えやすいです。

たとえば、今後も残して欲しいメニューがある場合や、従業員の雇用を守りたい場合は条件として提示してください。

 

売却先候補に事業の強みや価値が伝わる説明を

居酒屋を事業承継するなら、売却先候補に事業の強みや価値が伝わる説明をしなければなりません。

うまく説明ができなければ、事業の強みや価値がないも同然に扱われてしまいます

今まで経営してきた情熱や思い出を語るだけではなく、客観的なデータも相手に見せることが重要です。

 

事業の強みや価値は、日頃の売上にも出ていると考えられます。

どのような説明をすれば良いのかわからないなら、まずは毎日どのようなものをどれくらい売っているのかを明確にしましょう。

グラフなどを作れば、自分の頭の中でも理解が進みやすくなります。

客観的なデータを積み重ねることによって、事業を引き継いでくれる人に事業の良さをわかってもらいやすいです。

 

もちろん、あなたの情熱を引き継いでもらうことも欠かせません。

しかし、まずは外部からもわかりやすい情報を説明したうえで、あなたの気持ちも後継者に伝えていきましょう。

順番が逆になってしまうと、なかなか相手に本当の事業の強みや価値までは理解してもらいにくくなります。

説明するための資料作りや練習は入念に行ってください。

 

M&Aの専門家に頼るのもアリ

居酒屋の事業承継を行うなら、M&Aの専門家に頼るのも良いです。

居酒屋の事業承継をあなたの希望通りに成功させようと思ったなら、さまざまな知識が必要となります。

たとえば、会計や経営、法律などの深い専門的知識も重要です。

居酒屋のオーナーがそれらすべての知識を持っていることは少なく、自分だけで手続きを完ぺきにすることは難しいと思います。

手続きがうまくできていないまま無理やり事業承継を進めても、あとから後継者と揉めることにもなりかねません。

そうなると、事業承継を成功させるのは難しくなってしまいます。

 

居酒屋の事業承継が失敗する可能性を下げるためには、M&Aアドバイザーや事業承継アドバイザーなどの専門家の力を借りることが非常に有効です。

そういったプロフェッショナルに相談すれば、あなた一人だけでは思いつかなかった居酒屋の事業承継の方法についてもアドバイスをもらえるかもしれません。

たとえば、後継者探しや後継者育成の方法、事業の拡大方法も提案してもらえることがあるのです。

事業承継は人生で何度も行うようなことではないので、せっかくならプロの力を頼って成功させたほうが後悔しにくいと言えます。

自分だけでは居酒屋の事業承継を行うのは難しいと少しでも感じたら、専門家に相談に行ってみましょう。

 

以上が、居酒屋の事業承継を成功させるポイントでした。

飲食店の事業承継は、必ずしも成功するとは限りません。

しかし、ポイントをおさえておくことによって、成功する確率を大幅に高めることができます。

ポイントがおさえきれていなければ、せっかくの事業承継も失敗に終わるかもしれないので気をつけてください。

居酒屋の事業承継を行うなら、すべてのポイントをおさえるためにも早めの準備が大切です。

 

居酒屋の事業承継を行うなら

もし居酒屋の事業承継を検討しているなら、ぜひプロの力を頼りましょう。

今まで力を入れて育ててきたお店を事業承継によって滅茶苦茶にしてしまっては、一生消えない後悔になると思います。

居酒屋をはじめ飲食業界に特化した専門家もいますので、業界特有のノウハウをもとに支援を受けられます。

 

たとえば渋谷のスパイラル・アンド・カンパニー社は、まだ事業価値を高められる余地があると判断すれば、お店の経営を改善してからM&Aを実施します。

経営改善には居酒屋の経営に関する知識、ノウハウが必要です。

そうすることで、事業を売却することで手に入るお金を増やすことができます。

匿名で相談ができるので気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

スパイラル・アンド・カンパニー社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

大切な居酒屋。

自分の手から手放した後についても、きっちり考えて対処したいですね。