不動産管理会社の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

「不動産管理会社をずっと続けてきたけれど、そろそろ事業譲渡をしたい」と、お考えではないでしょうか。

もしも経営から退くとしても、今までやってきた事業を廃業してしまうのはなんとなく避けたいと考えている経営者は少なくありません。

そのために、不動産管理会社の経営者がリタイアするとき、事業譲渡がよく活用されています。

 

しかし、事業譲渡のやり方がよくわからないという人も多いはずです。

そこで今回は、不動産管理会社の事業譲渡のポイントを実際にあった事例から読み取っていきます。

不動産管理会社の事業譲渡のポイントをおさえて、希望通りに成功させましょう。

 

不動産管理会社が事業譲渡の道を選ぶメリットとは

まずは、不動産管理会社を経営しているオーナーが事業譲渡の道を選ぶメリットを見ておきましょう。

 

不動産管理会社の経営者が事業譲渡をするメリットは、以下の5つです。

・経営のプレッシャーから解放される

・後継者問題の解決

・事業や店舗の拡大

・従業員の雇用安定や待遇改善

・譲渡による現金獲得

 

これらのメリットは、経営から退く人にとって嬉しいものばかりです。

せっかく5つのメリットがあるのに事業譲渡をせずに廃業してしまうのはもったいないと考えられます。

それでは、それぞれのメリットについて、順番に確認していきましょう。

 

経営のプレッシャーから解放される

不動産管理会社を誰かに事業譲渡することによって、あなたは今までのような経営のプレッシャーから解放されます

 

日々の経営は考えることも多く、経営者であるあなたは責任を持たなければならない立場です。

特に、従業員を雇っているとプレッシャーはより大きくなります。

そのような生活を続けていると、知らないうちにストレスがたまっていることもあるでしょう。

経営へのプレッシャーは今後ずっとつきまとうものなので、負担が大きいと感じているなら事業を誰かに譲渡するのも1つの方法です。

 

後継者を見つけて育成するのには時間がかかりますし、より多くのプレッシャーがかかるケースがほとんどです。

しかし、事業譲渡であれば買い手側とあなたがお互いに条件に合意すれば問題なく会社を譲ることができます

不動産管理会社についての経営能力があって信頼できる買い手を見つけることができれば、安心して経営から退くことが可能です。

 

このように、事業譲渡を行うことによって、現経営者であるあなたはプレッシャーから逃れられます。

もしも事業譲渡を行わずに廃業を選んでしまうと、今まで頑張って経営してきた会社を閉めてしまうという残念な思いや、後継者が見つからなかった悔しさ、今まで働いてきてくれた従業員への申し訳なさが押し寄せてくるでしょう。

しかし事業譲渡を行えば、自分が経営のプレッシャーから解放されても事業は存続するので、そのような心配はいりません。

毎日の会社経営に少しでもプレッシャーを感じているのであれば、事業譲渡を検討してみてください。

事業譲渡を行うことで、リラックスした日々を手に入れることができます。

 

後継者問題の解決

事業譲渡を行うことによって、あなたの不動産管理会社の後継者問題を解決することができます。

どのような業種でも、後継者が見つからなくて経営からリタイアすることができないという経営者は多いです。

身近な人が経営を引き継いでくれない場合は、外部の第三者から探すしかありませんが、自分だけで探すのは難しいと考えられます。

いつか誰かに引き継いでもらおうと漠然と思いながら日々経営していても、簡単には後継者は出てきません。

 

さらに、後継者候補を見つけても、あなたと同じレベルになるまで教育をする必要があります。

不動産管理会社の経営は、知識なく行えるような簡単なことではありません。納得のいく後継者探しや後継者教育が必須です。

そのようなとき、事業譲渡をすることによって教育のほとんどいらない良い後継者が見つかる可能性があります

あなたの不動産管理会社が魅力的なものであれば、お金を支払って買ってでも経営を引き継ぎたいと考える人が出てくるはずです。

 

後継者がいないから廃業するしかないと思っているなら、その前に事業譲渡ができないかを試してみてください。

身近なところに後継者がいなくても、事業譲渡なら外部の幅広いところから後継者候補を見つけることができます。

既に不動産事業についての経営能力が備わっている人に事業譲渡すれば、後継者教育の期間もほとんどいりません。

あなたの事業独自の取り組みやサービスを伝えるだけで経営が続いていくかもしれません。

後継者に悩んでいる会社経営者に事業譲渡は最適です。

 

事業や店舗の拡大

あなたの事業や店舗の拡大をするときにも、事業譲渡は活用できます。

たとえば、不動産管理会社の規模を拡大したいと考えているけれど、資金が足りないということはよくあることです。

また、事業が人気で今までは順風満帆に管理する不動産を増やしていくことができていたのに、最近になってからは人気が落ち着いてきて資金不足になり始めたというケースも珍しくありません。

不動産管理会社は競合他社の登場などで、簡単に経営状況が変わってしまいます。

 

そのようなときでも事業の拡大をしたいなら、事業譲渡を行うのが最適です。

もしも今経営している会社を事業譲渡することによって、資金が足りている買い手に経営を引き継ぐことができれば、譲渡先の資金力を経営に使ってもらうことができます。

それによって、あなたが夢に描いていたような事業や店舗の拡大が叶うのです。

 

事業譲渡と聞くと経営からのリタイアの手段だと思っている経営者もいるかもしれませんが、会社の将来を見据えたポジティブな事業譲渡もよくあります。

前向きな資金調達のために、事業譲渡を行うことも検討してみてください。

 

従業員の雇用安定や待遇改善

事業譲渡を行うことによって、雇っている従業員の雇用安定や待遇改善を行うこともできます。

なぜなら、不動産管理会社の買い手の資金力や人員も活用することができるようになるためです。

事業を経営していると、頑張ってくれている従業員の待遇を改善したいという思いも出てくると思います。

しかし、自分の力だけではどうにもできないことも多いです。

そのようなとき、事業譲渡を行って従業員にとって良い条件で経営を引き継いでくれる買い手を見つければ、問題は解決できます

 

特に、リタイアして事業をやめようと考えているなら、従業員の雇用がなくなってしまうことをよく考えてください。

今まで頑張ってきてくれた従業員の雇用を守って安定させるためには、事業譲渡をしておいたほうが良いでしょう。

会社経営から離れるなら、事業譲渡は良い選択肢になります。

 

譲渡による現金獲得

事業譲渡を行うことによって、あなたは現金を手に入れることもできます

たとえば、あなたが不動産管理会社の経営から退くにあたって事業譲渡をしようと考えているのであれば、譲渡で得た利益があればリタイア後の生活は楽になるはずです。

もしも今まで働いてくれていた従業員が事業譲渡にあたってやめることになったとしても、譲渡利益を手に入れることによって、退職金を支払えるようになります。

お金が得られることで損をすることはないので、経営から退こうと考えているなら事業譲渡を検討するべきです。

 

以上が、不動産管理会社の経営者が事業譲渡を行うメリットでした。

どのメリットも会社を経営している人にとっては魅力的なものです。

廃業を行う前に、事業譲渡ができないのかを冷静に考えてみてください

そうは言っても、事業譲渡のイメージがまだ具体的にわいていない人も多いと思います。

そこで、不動産事業の事業譲渡の事例を確認しておきましょう。

 

不動産管理会社の事業譲渡の事例

不動産管理会社の事業譲渡の事例としては、東証マザーズ上場の(株)GA technologiesが、Cloud ChintAIなどの不動産事業を手がけるイタンジ(株)を子会社化したものがあります。

この子会社化は、株式譲渡などの手法を用いて行われました。

イタンジの代表取締役だった伊藤氏は退任してGAのエグゼクティブ・アドバイザーになり、子会社となるまでに18億円以上を得たとされています。

 

このように、不動産関係の事業の売値は高額となりやすいです。

しかし、必ずしも事業譲渡が成功するわけではなく、注意しておくポイントがあります。

特に高額な事業譲渡の際にはさまざまなことに気を配っておくべきです。

管理物件が人気エリア内に多かったり、譲渡先にとって利益となる事業譲渡だったりすれば高値になりやすいとされています

気をつけておきたいポイントについて見ておきましょう。

 

不動産管理会社の事業譲渡の事例から見る注意点

不動産管理会社の事業譲渡には、以下の4つの注意点があります。

・管理物件は人気エリア内か

・譲渡先にとってのメリットを明確にする

・長い時間が掛かる場合もある

・事業譲渡は人対人

 

これらの注意点をおさえておかなければ、不動産管理会社の事業譲渡を成功させることは難しいです。

せっかく事業譲渡を行うなら、注意点を理解して成功の確率を高めましょう。

それぞれの注意点について、順番に確認していきます。

 

管理物件は人気エリア内か

不動産管理会社の管理している物件が人気エリアの範囲内かどうかは非常に重要です

物件がどこにあるのかによって、不動産の価値は大きく異なります。

人気エリアの物件を多く扱っている不動産管理会社は、自然と価値が高くなるのです。

まずは、あなたの不動産管理会社の扱っている物件情報を整理しましょう。

どのエリアの物件を多く扱っているのかを知った上で、事業譲渡の相手を探していくのが良いです。

 

譲渡先にとってのメリットを明確にする

あなたの不動産管理会社を買うことによって、買い手にどのようなメリットがあるのかを確認しておくべきです。

たとえば、取扱物件の多さに自信があるなら、それを買い手にアピールできます。

幅広くたくさんの物件を扱っていきたいと考えている買い手がいれば、あなたの事業を欲しいと思ってくれるはずです。

 

事業譲渡は、買い手側に十分なメリットがなければ成功させることは難しいと考えられます。

なぜなら、お金を払って事業を買うということは非常に大きな選択だからです。

ちょっと良さそう、くらいの気持ちで事業を買う人はいないと思っておいてください。

譲渡先へのメリットを最大限伝えられるように、客観的な資料を作成するのも有効です。

アピールするメリットに関する情報を資料にまとめてみてください。

 

長い時間が掛かる場合もある

事業譲渡を行うなら、場合によっては長い時間が掛かるケースがあることも知っておく必要があります。

事業譲渡は買い手側と売り手側が条件に合意すれば行えますが、そもそも買い手側を見つけるためにも時間がかかるのです。

そして、買い手候補を見つけても条件面で折り合いがつかなければ、また探し直さなければなりません。

不動産管理会社の事業譲渡は高額になりやすく、買い手探しが難航する可能性があります。

したがって、スムーズに事業を引き継ぐことができるとはあまり思わないほうが安心です。

 

不動産管理会社の事業譲渡を行うなら、長い目で見て納得のいく相手を見つけましょう。

決定を急いでしまい、条件に不満があるのに事業譲渡を行うのは、後悔してしまうのでやめてください。

そうは言っても、できるだけ早めに事業を売ってしまいたい経営者もいるはずです。

そのようなときは、専門家の力を借りていち早く事業譲渡を成功させましょう。

 

事業譲渡は人対人

不動産管理会社の事業譲渡は、当然ですが買い手と売り手といった『人』が行うことです。

譲渡利益や譲渡条件などを考えることは非常に重要ですが、相手も同じ人間であることを理解しておきましょう。

人対人のコミュニケーションも、事業譲渡を行うにあたっては大切です。

好条件を出してあげれば買い手が見つかるだろう、という偉そうな態度で交渉に臨むと、良い結果にはなりにくくなります。

人に事業を買ってもらうということを忘れないようにしてください。

誠意を持って対応することが、事業譲渡の成功にもつながるのです。

 

以上が、不動産管理会社の事業譲渡を行うにあたっての注意点でした。

さまざまなことに注意しなければならず、不安に思った人も多いと思います。

したがって、事業譲渡を成功させたいなら、専門家に相談するのが安心です。

 

不動産管理会社の事業譲渡を行うなら

不動産管理会社の事業譲渡を行うなら、M&Aアドバイザーなどの専門家に相談するのが良いです。

あなたの事業の今後の運命を考えたとき、事業譲渡の相手選びが非常に重要となります。

不動産管理会社の経営能力がない買い手を選んでしまうと、後悔することも少なくありません。

 

専門家に相談なんてしたことがなくて不安だと感じる経営者もいると思います。

しかし、多くの専門家は非常に話しやすい雰囲気で、あなたの悩みを解決してくれる存在です。

せっかく今まで経営してきた会社を誰かに譲渡するなら、納得いく結果を迎えたいと考えていると思います。

それならば、専門家の力を借りながら事業譲渡を進めていくのが良いでしょう。

自分だけですべてを抱え込もうと思わず、一緒に事業譲渡の成功のために頑張ってくれるパートナーを見つけてください。

 

もし東京でお探しなら、スパイラル・アンド・カンパニー社がおすすめです。

豊富な事例をもとに、最適なアドバイスがもらえるでしょう。

あなたの経営してきた不動産管理会社を今後も長く発展させていくため、オーナーとして頑張りましょう。

 

スパイラル・アンド・カンパニー社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<